米Googleは現地時間2015年11月3日、電子メールアプリケーション「Inbox by Gmail」に機械学習技術を用いた返信補助機能「Smart Reply」を追加すると発表した。今週中に提供を開始する。  Smart Replyは、受け取ったメッセージの内容に応じて、短文の返信候補を最大3通り提示する。例えばパーティーの招待メッセージに対して、「仲間に入れて!」「参加します!」「残念ですが行けません」という短文の候補が画面下部に表示される。いずれかをタップして選び、そのまま送信してもよいし、自分の言葉を付け加えることもできる。 Read more まぁ便利だよね。 自動返信とかになったら そのうち誰と会話しているのかわからなくなる。w

Gmailの受信箱の掃除を助けてくれる2つの新機能がリリースされた。「Block Sender(送信者のブロック)」と「Unsbscribe(配信停止)」機能だ。 Webでは現地時間で22日から、Android端末では来週から利用可能です。現時点では、iOS版でいつから使えるかは発表されていません。 Read more これはいい! すごく便利。 ついでにUIをもっとシンプルにしてくれると見やすくて尚いいんだけど。。。

Googleが、「Gmail」で「you@whereveryouwant.com」のような形式のメールアドレスを好きに選べるオプションを試験的に提供している。「whateveryouwant」の部分は、ドメイン名に関するインターネットの通常の規則に従っていれば、ユーザーが自分の好みに従ってカスタマイズ可能だ。 Read more 試験的とはいえこういうサービスが広がるのは嬉しいですよね。

Googleは「Gmailのスパムフィルターがこれまでになく賢くなった」と発表した。 これまでGoogleは膨大なメールのうち、どれがスパムでどれがスパムでないかを機械学習を使って判別してきたが、今回はさらに高度なニューラル・ネットワークによるアプローチが行われたという。 Read more -- https://gmail.com/postmaster/ Googleすげーな。

今日、GoogleはウェブベースのGmailサービスをより楽しく使えて、ユーザーが自分好みにするための機能をいくつか追加した。Gmailの見た目と使い勝手をカスタマイズできるテーマを百種類以上追加し、絵文字も利用できるようになった。 Read more 文字よりも絵とか写真に目が先に行くからメールでも絵文字は重要なのかな。 若い世代は絵文字に慣れているしね。

Gmailは送信したメールを取り消すことができる「送信取り消し」機能を正式機能として追加しました。この機能を有効にすることで、送信後5秒〜30秒以内のメールであれば送信を取り消すことができます。 Read more 使うかな?