コンビニ型だけじゃない、大きめスーパーも10人以下で回せると。 レジのない食料品店「Amazon Go」は、今年米国シアトルに出店予定です。まだベータテスト中ですが、昨年12月にamazonが公開した動画を見ると、品ぞろえはサンドイッチや飲み物などが中心で、コンビニのような感じです。 Read more https://youtu.be/NrmMk1Myrxc -- こういったことで いらなくなった ”人手” はどこへ向かうのだろうか? 興味あります。 機械、ロボットなんかが いろんなことをやれるようになってくると いろんな人が あぶれることになると思います。 さて、 あなたは何をしますか? さーーて、 私はなにしよう?!笑 --

キラウエア火山の溶岩。残念ながら海食崖が崩れ落ちたことによってその流れは止まっていました…。でも、いいニュースが。また溶岩の流れが復活したんです! この真っ赤な地獄の吐瀉物の新たな映像もご覧になれますよ。 Read more https://youtu.be/F6JnibL8E0s -- すごいなこれ! --

This is where you'll find the most interesting things/finds/work curated by one of us to simply inspire your day. Furthermore, it's an opportunity to feature…

電気をつけると2個のボールが魔法のように宙に浮くが、実はシンプルな素材しか使っていない。そんなランプがKickstarterで、目標をはるかに超える39万ユーロ(4,680万円)近くを集めている。 Read more https://vimeo.com/190811459 クラウドファンディング・サイト「Kickstarter」に登場した「Heng Balance Lamp(ヘン・バランス・ランプ)」の点灯方法は、上記のいずれでもない。 このランプの構造はとてもシンプルだ。木製のフレームと、そこに埋め込まれた細長いライト。あとは、木製のボール2個がそれぞれ紐で枠にくっついているだけ。木枠に置いてある下のボールを持ち上げて、ぶらさがっている上のボールに近づけるとライトがつく仕組みだ。 昔の電灯は紐を引っ張って点灯したが、このランプの場合は、紐を持ち上げるわけだ。2個のボールが近づくと、ボール内部の磁石が引き合うので、下のボールは宙に浮いたままとなる。 -- これは面白いなぁ! --

Apis Cor: first residential house has been printed! 総建設費は1万134ドル(約115万円)となった。概算されたコストには基礎工事や屋根の施工の他、内外装などの工事費が含まれるため、非常に安価なものといえる。 一棟を建設する時間は1日もかからない。 https://youtu.be/xktwDfasPGQ -- これおもしろくないですか? プリンターで家ができてしまう。 人の手がほとんどかからず、 ほぼ自動で家が建ってしまう。すごいなぁ。

Tesla(テスラ)の一般向け電気自動車といえば、今は「Model 3」に期待が高まっていますが、こちらも忘れてはいけません。同社の高級セダン「Model S P100D」が、時速0-60マイル(約0-97km)の加速時間で2.28秒というトップレベルスポーツカーをも上回るタイムを計測したのです! Read more 加速時間で2.28秒って言われても ピンときませんよね。 私はきません。笑 映像で見ると ”はやっ” って言っちゃうと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=sw739IwT_nw