Omi Shrine, 麻績神社part2


「麻績」(おみ)は「麻を作ることができる豊かな土地」という意味を持つ[1]。かつては「八幡社」「八幡宮」「大宮諏訪社」などと呼ばれていたが[1][2]、安政年間(1854年-1859年)には座光寺村の名主であり国学者の北原稲雄が「麻績」という言葉を気に入り[1]、1875年(明治8年)以後に麻績神社と呼ばれるようになった。

天正年間(1573年-1593年)よりも前に開創されたと伝えられている。
—- WIKI —-

ACCESS

2516 Zakōji, Iida-shi, Nagano-ken 395-0001, Japan
〒395-0001 長野県飯田市座光寺2516
Iida, Nagano Prefecture, Japan
+81 265-53-3525

ウィキに
天正年間(1573年-1593年)よりも前に開創されたと伝えられている。

ってあるんですが、

これって随分前からあるんですね。

ちょっと驚きました。

その頃の日本はどんなだったんでしょうね?

すごく興味が湧きます。

たかだか100年前弱だって

人間は戦争ばかりしていたのに

300年以上前とかって

どんなだったんでしょうね?

想像がつきません。

そして後100年先。

どうなっていると思いますか?

300年先は?

人間ってまだいるんですかね?w

どんな未来を創っていけるんでしょうね。