akihikogoto.com

curiosity make a new world

ビャルケ・インゲルスのNYC改造計画

グラウンドゼロの再開発計画に挑む、
デンマークが生んだスター建築家ビャルケ・インゲルス。
政治家、当局、テナントらステークホルダーたちの
思惑が複雑に絡まりあった難物件を、
彼はいかにエピックに仕上げようとしているのか。
その真価が問われる注目作の舞台裏。

Read more

霧がかった4月のある日、ビャルケ・インゲルスはロウアー・マンハッタンの石畳の通りのはるか上空、古いレンガづくりの建物の屋上に立ち、黒いコートの襟をはためかせていた。
この若きデンマーク人建築家は、そのキャリアのなかで最も重要な仕事となる超高層ビル「2ワールドトレードセンター(以下、2WTC)」のPR映像の撮影を行っている。このプロジェクトはまだ計画段階で、主要クライアントとなるべきメディア王ルパート・マードックは、まだ契約を済ませていないものの、彼が所有する会社が2WTCへ移転する予定であることはニューヨークの不動産業界における最大の秘密事項だった。

Screen Shot 2016-09-01 at 15.06.17


[amazonjs asin=”B01G4N6CDK” locale=”JP” title=”Bose ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン QuietComfort 35 密閉型/オーバーイヤー/Bluetooth・NFC対応/リモコン・マイク付き/通話可能 シルバー QuietComfort35 WLSS SLV【国内正規品】”]