中国でここ数週間、ビルの崩壊が相次いでいる。死者の数も合計30人近くに達し、住宅省が警告を発する事態に発展している。 中国のビルは寿命25年?―80~90年代の建物倒壊が頻発  陳政高・住宅相は前週、築年数のたったビルを徹底的に検査し、安全面に問題があると判断できる場合には改修を急ぐよう命じた。  5月20日以降、北部の天津市と南西部の貴州省で計4棟の建物が崩壊した。貴州省は貧しい地域として知られている。  貴州省の省都・貴陽市では5月末の大雨による土砂崩れで9階建てのビルが崩壊し、16人が死亡した。  約1週間後には貴州省の遵義市で7階建てのビルが倒壊。幸いにも死者は出なかったが、数日後、同じ市内の9階建てビルが崩壊し4人が死亡、3人が負傷した。16日には、天津市にある2階建ての公衆浴場が崩れ落ち、6人の死者と6人の負傷者が出た。 Read more 私自身中国本土に行くこと住んでいたこともあるが、建物の作りが甘いなと感じることはよくあった。 多分この先『よくあること』になるのではないかなぁ。事故に巻き込まれる人が出ないといいが。。

アーティストTaylor Swiftさんの抗議が大々的に報じられたことを受け、アップルは、「Apple Music」をめぐるアーティストらへのロイヤルティに関する方針を転換した。  シンガーソングライターとして絶大な人気を誇るSwiftさんは米国時間6月21日、Tumblrのブログ記事でファンに対し、来週提供開始される音楽ストリーミングサービスApple Musicで、自身のアルバム「1989」の配信を取りやめると伝えた。Swiftさんは、Apple Musicが3カ月の無料試用期間に、ストリーミングされるすべての楽曲についてロイヤルティを支払わないとしていたことを問題視していた。 Read more Appleに限ったことではないと思うが、こういうことはよくあることなのだろうか。

ブルガリ(BVLGARI)は、2015年秋に130周年を迎える。その長い歴史の中で生み出されてきた、ジュエリーのアーカイブピースを集めた展覧会「アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝」展が、東京国立博物館 表慶館で開催される。期間は、2015年9月8日(火)から11月29日(日)まで。 この展覧会のために、約250ピースに及ぶ希少なアーカイブピースが集結。それらは、古代ギリシャやローマ文化の美術・建造物に加え、極東アジアや日本にインスピレーションを得た作品など、時代ごとに様々な要素を含む革新的なものばかりで、かつてアンディ・ウォーホルに「僕にとって、ブルガリの店に行くのは最高のコンテンポラリーアート展に行く ようなもの」と言わしめたほどだ。 Read more very interesting. it seems they gave me good inspiration.

Dior|ディオール モダンな国立新美術館をエレガントなランウェイに ディオール、ふたたび東京でファッションショーを開催 6月16日、「Dior(ディオール)」は東京・六本木の国立新美術館にて2015-16年秋冬コレクションのファッションショーを開催した。3月にパリのクール・カレで発表したコレクションを東京で再現し、国立新美術館に一夜限りピンクのランウェイをつくりだした。 Read more ちょっとみてみたいな。

Affinity Photo

23/06/2015 0

Today we have moved Affinity Photo from beta to Release Candidate 1. This means we are getting very close to the version we plan to…