米国の大手テック企業がAI研究に関してカナダへの投資を続けている。グーグルはモントリオールに続いて、トロントにもAI研究施設を開設。研究者の争奪戦も過熱しており、カナダがディープラーニングの中心地となりつつあるようだ。

Read more

グーグルは2017年3月30日(米国時間)、トロントにAI研究施設を開設すると発表した。さらに、トロント大学を中心とした官民パートナーシップに出資し、AI関係の人材とアイデアの開発・商業化をサポートするという。同社は2016年11月にも、マイクロソフトが注目するモントリオールで、同様の動きをみせた。モントリオール大学にある世界的なAI研究施設に450万ドルを拠出したほか、カナダで最初のAI研究拠点「グーグル・ブレイン・モントリオール」を開設したのだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *