akihikogoto.com

curiosity make a new world

Intelが次世代規格「Thunderbolt 4」の詳細を公開。8K出力、4K×2出力、USB4互換など

Intelが、現状多くのデバイスで採用されている「Thunderbolt 3」の後継となる次世代規格「Thunderbolt 4」の概要を発表しました。次世代CPU「Tiger Lake」への統合や、対応するコントローラーチップ「Intel 8000」シリーズの2020年内提供も予定されています。早ければ2020年内に「Thunderbolt 4」搭載のPCが出るわけですね。

「Thunderbolt 4」の最大データ転送速度は40Gbpsと、既存のThunderbolt 3と同じ。ですが、「Thunderbolt 3」ではパッシブケーブルで最大速度を出せるのが0.8mまでだったのに対して、「Thunderbolt 4」ではパッシブでも2mまで40Gbpsが出せるように。PCIeの(最低)転送速度は16Gbから32Gbpsに向上し、ストレージ転送速度は最大3,000Mbps。

いままで1基しかなかった4K出力は2基に増設され、8K出力にも対応しました。「Thunderbolt 4」は2021年に登場予定とされているUSB4規格に準拠してるので、USB4と互換性を持ち、Tyep-C端子でディスプレイと接続するかたちです。

— Read more —

USB Cと同じ端子の形状というのは非常に良いと思うのですが、規格がいろいろありすぎるのと、何に対応している等の情報をケーブルを見ただけでは絶対にわからないという仕様をなんとかして欲しい。。。w
対応表みたいなの作ってナンバリングでもしてくれればわかりやすいんですが。。