Star Wars: Episode IX – The Rise of Skywalker (2019)見てきました。

今回はなんですかねぇ〜

ちょっと退屈に感じたのは私だけでしょうか。

映像も、音もとってもよかったです。

だけどなんか見ていて物足りない感じがしました。

Star Warsはなんかむかしから

社会の縮図というか

政治、派閥、、

なんかそんなものを皮肉ったようなストーリーが多いですが

ディズニーの買収の後若干変わってきているような印象を受けました。

まぁその辺はともかく

映像じたいはやっぱりすごいなぁというレベルでできているので

一度見てもいいかもしれません。

相対する物がある場合

どちらにも言い分があるわけで。

仲良くやっていけない場合は

どうしたらいいのかと。。

結構深いテーマではありますよね。