電気をつけると2個のボールが魔法のように宙に浮くが、実はシンプルな素材しか使っていない。そんなランプがKickstarterで、目標をはるかに超える39万ユーロ(4,680万円)近くを集めている。

Read more

クラウドファンディング・サイト「Kickstarter」に登場した「Heng Balance Lamp(ヘン・バランス・ランプ)」の点灯方法は、上記のいずれでもない。

このランプの構造はとてもシンプルだ。木製のフレームと、そこに埋め込まれた細長いライト。あとは、木製のボール2個がそれぞれ紐で枠にくっついているだけ。木枠に置いてある下のボールを持ち上げて、ぶらさがっている上のボールに近づけるとライトがつく仕組みだ。

昔の電灯は紐を引っ張って点灯したが、このランプの場合は、紐を持ち上げるわけだ。2個のボールが近づくと、ボール内部の磁石が引き合うので、下のボールは宙に浮いたままとなる。


これは面白いなぁ!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *