iPhone se とかiPad proのサイズ違いとか発表されましたね。 皆さんどんな風に感じてるんでしょうね? 私はというと、最近のアップル製品に”ワクワク”を全く感じません。。。w 正直に言ってしまうと。 なんでしょうかね。スマートフォンって言うカテゴリーの物に慣れてしまったのかなぁなんても思いますが。 でも昔感じたアップルへのワクワクは今はありません。 もちろんMacbook proは毎日使っているし無かったら困るし、壊れたら新しいのを買うと思います。 でもなんかワクワク感がない。 iPhoneもなんか欲しくなくなって最近はAndroidばかり。 Androidだと困るかなぁなんてiPhone使っているときは思いましたが、 慣れるとAndroidの方が自由がきくし使いやすかったり最近は感じてます。 そこへきてiPhone seなんてだしちゃうapple。。。 う〜ん。出し惜しみしまっくて今か。みたいな感じです。 これがもっと早いタイミングで出ていたら感じ方もだいぶ違ったのかななんて思いますが。 嫌いなわけでも、いらないわけでもないんですが 前に感じた ”ワクワク”が 今はない。 今後に期待したいです。 --

モデルを重ねるごとに進化をつづけるiPhone。2016年に登場するiPhone 7からはイヤホンジャックがなくなるんじゃないかという噂がでています。まだ多くの人が使うイヤホンジャックが消えるというのはにわかには信じがたいですが、一体どんな利点があるんでしょうか。 Read more        

みなさんなんらかの携帯電話などお持ちですよね。 寒い冬の時期は、バッテリーの持ちが悪くなるんです!ご存知でしたでしょうか?   温度が低いほど化学反応の速度は遅くなり、電池の電圧が下がるのが早くなります。一般的に、電池の使用に最適な温度は20℃~30℃といわれているんですよ。     -- 実は、この場合『電池が減る』という表現は正しくありません。 電池を使用する機器は、ある一定以上の電圧(カットオフ電圧)がないと作動しません。 寒い環境では電池の電圧降下が早く、カットオフ電圧にも早く達してしまうので、機器を使える時間も短くなる。 しかし、電池全体の容量は使い切っていないため、常温に戻せば使っていない残りの容量が使えるんです。 引用:R25 --     iPhoneなどのスマートフォンの電池には最適温度というものがあるらしい。 20℃で200分連続通話ができる携帯電話も、10℃では100分しかできないのだ!!これは大きな違いです!   ポイントは、使い切ったわけではないということ。 温めれば、使っていない容量が使えるわけですね!ということは冷やさず20℃~30℃を保てば、一番電池にとって良い状態で使えてエコバッテリーにつながるということですね! 寒い日のiPhoneの温度に要注意!長時間使い続けれるためには、20℃~30℃をキープすることをお忘れなく!! 充電の表記も正しく表示されないことがあるので”壊れた?!”などと慌てずに、少しだけ温めてみてください。 (暖房器具なんかで温めて壊さないようにしてくださいね。もち自己責任です)

プライベート用にiPhone持ってるけど、SIMカードは一枚しか刺さらないから、仕事用に別の携帯を持たないといけない…なんて方も少なくないはず。従来それを1台にまとめるためには、SIMスロットが複数ついたスマホを購入する以外に手はありませんでした。でもカードサイズのデバイス「PIECE」があれば、手持ちのお気に入りのスマホで複数のSIMが使えるようになるんです。 Kickstarterで資金調達中のこの「PIECE」は、スマホのバッテリーほどの大きさの、画面も何もない平べったい物体。でもこれがあると一つのSIMスロットしかついてないスマホでも、複数のSIMカードで通話できるようになるんです。

第二四半期…つまり4月から6月は通常、新型iPhoneの発売待ちでiPhoneのセールスが鈍る時期。しかし、iPhoneのセールスは好調を維持し続けています。調査会社ガートナーの報告によると、2015年4月~6月のiPhoneの販売台数は前年同期比で36%上昇しているそうなんです。 Read more 注目したいのはこの表。 サムスン、アップルときてその下の欄を見ていくと3位から5位に中国メーカーのファーウェイ・レノボ・Xiaomiが並んでいる。 これはすごいとおもう。 そして”これ”は他の家電製品がそうなっていったのと同じように 『スマートフォン』もコモディティ化していくこと他ならないと思う。 部品単価が高性能のものでも安くなり、組み立てるだけで作れるように。 そうなっていけば5000円くらいの高性能なスマートフォンが溢れるようになり、どのメーカーを持つ ということより『どんなサービス』をもっている、という方に重点が置かれるようになっていくのかなぁと思う。 スマホが色々できるただの小さな箱になる日がそう遠くはないんだろうな。

iPadでお絵かきをしたり、メモを取ったりが実際に紙に書くように…いや、それ以上に簡単にできてしまうiPadアプリ、「Paper」。アップルのApp of the yearやDesign Awardを総ナメにし、その人気の高さから付属のスタイラスペン「Pencil」まで発売したあのPaperがいよいよiPhoneに登場するんです! Read more Procreate の方が使いやすいかなぁ私は。 -- http://blog.fiftythree.com/posts/paper-iphone

どのアプリがどれくらいバッテリーを消費しているか、簡単に確認する方法があります。あまり使っていないアプリが、バックグラウンドで無駄にバッテリーを消費している可能性もあるのでチェックしてみましょう。 Read more バッテリーの使用状況を調べるこの機能、「設定」アプリから「一般」を開き、「使用状況」にアクセスして、「バッテリーの使用状況」を開くと確認できます。ここを見ると、過去1日および過去7日間で、消費したバッテリー容量を100%として、その中でどのアプリがどれくらいの比率でバッテリーを消費したかが分かります。 -- バッテリーの項目開いたことのない人は確認してみるといいかも。

4.7インチと5.5インチの大きくなったiPhone 6/6 Plusもいいけれど、やっぱり4インチのiPhone 5sの方が良かった! という人に気になるニュースです。Jefferies証券のアナリストによると、アップルははやり4インチサイズのiPhone 6Cを開発しているそうなんです。 Read more 是非!!