なんかちょっと荒っぽく がらっ がらガラガラ と何かをひきづるような引っ張るような音がして 私は目を向けてしまった。 あら。。 小さなうさぎのスーツケース。。w 引っ張っては列の後ろにたどり着き、うさぎにまたがり休憩。 その繰り返し。 まだ飛行機の時間ではないことに気づいたのか壁際に腰を下ろして うさぎスーツケースをおもむろにひらく。 大きなクマのぬいぐるみ一つ。 ノートブック一つ。 12色くらいのマーカーセット一つ。 贅沢なスーツケースの使い方だ。 多分一番大事なものだけスーツケースに詰め込めばそんなもんだろう。 私も大して変わらない。 いらないものは極力持ちたくない。 大好きなものだけ。 ただ彼女をみならいしっかりと夢だけはいっぱい詰め込んで引きづり回して生きていきたい。 たまに腰掛けて休んだり。勢いいよく引っ張ったり。 かわいかったなぁ。 あんな素敵な絵がかけるなんて。