ドローンの用途は、カメラを搭載することだけではない。写真家ルーベン・ウーがドローンに取り付けるのは、照明器具だ。ドローンによって空高くからライティングされた風景は、妖艶で美しく浮かび上がる。 Read more インドネシアの驚くべき青い溶岩流、北極圏・スヴァールバル諸島の素晴らしい極寒のツンドラ。ルーベン・ウーは、神々しいまでの風景を創造するプロフェッショナルだ。現在、彼は米西部において、眺めのいい風景や壮大な地形の夜間撮影を行っている。 http://dp8hsntg6do36.cloudfront.net/570d4fc794c05f1f51000023/f4b2aca0-ad09-411d-a19b-0782973ba515low.webm -- http://reubenwu.com/projects/22/lux-noctis --

ドローンによる配達に力を入れ続けるAmazon(アマゾン)ですが、ドローン配達が普及したあとのことも考えています。なんと、空飛ぶ倉庫の特許を申請していました。 Read more 空の利用権利見たいの出てくるのかな?一般向けとかに。 --

ドイツ航空宇宙センターは時速75キロで走行中の車の上に自動運転のドローンを着陸させることに成功しました。デモンストレーションのビデオを見るとちょっと大げさに思える音楽と演出に「...これ何がすごいの?」と思ってしまうかもしれません。この成功の意味は、着陸用の装備を航空機から大幅に取り外せる点にあります。

無人で空を飛び、最近では荷物の配送から偵察活動まで、幅広い活躍が期待されているドローン。でも、やっぱり人は地上から操縦するのみならず、自分も乗り込んで空を飛びたいものですよね。それに、ドローンを強化すれば、十分に人間だって運べてしまうことが証明されているんですし……。 そんな夢をかなえるドローンヘリを、米国ラスベガスで開催中のCES 2016にて発表した強者が現われましたよ。スマートフォンを傾けて操縦する「Ghost Drone」シリーズのドローンを開発してきた、中国のEHangは、計8枚のローターを装備する「EHang 184」を発表。デザインとしては、話題のドローンが、そのまま人間の乗れるサイズまでスケールアップした感じですね! Read more ヘリコプターは乗ったことあるけどどんな感じだろ? ちょっと乗ってみたい。