深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、その中身が一味違うようですが、大反響の裏には北京市民の、藁をも掴みたい心境が伺えます。 カナダ西部のエドモントンに工場を構える「Vitality Air」社。3,000メートル級の山々が連なり、手付かずの自然が残るカナディアン・ロッキー山脈の麓から、新鮮な空気をスプレー缶に詰めて販売しています。 この商品が、いま大気汚染に悩む北京市民を救う、救世主になろうとしています。中国で販売されているミネラルウォーターの、およそ50倍の値段にあたる100元(約1,872円)という高値にも関わらず、飛ぶように売れているんだそう。 Read more これは異常。 大気汚染っていうか、それで人が死ぬレベル。      

中国はなんでもデカイ! 経済の発展が著しい中国。当然、国内ではある意味ブランド品であるアップル製品に対する需要がますます高まっています。そんな需要に応えて、中国大連では世界最大級のアップルストアが今週末オープンするんです。 Read more 中国に行くたびに思うのですが、お店を大きく広くしないと大行列になってしまうんだよね。 キャパに対して人の量が半端ない。w だからどうしても人の集まるところ、人気のところは広く大きくしないと収まりません。はい。

https://www.youtube.com/watch?v=8DLsjMmg0QU 深圳 Shenzhen 大きな街になりました。。 ハード面を変えるのは以外と早いんですけど、ソフト面は時間がちょーかかる。 何世代かかかるでしょうね。日本もだけど。 こればっかりは時間のかかることかなぁ。

中国の大型連休の高速ラッシュがとんでもないことに。 この映像は、郊外から北京に入る高速道路料金所の列だそうですが、もう何がなにやらどうなっているのやら。あまりのことに、高速ラッシュと言われるまで何の映像かわからないレベル。動画タイトルのとおり、これは世界最悪の渋滞です…。 Read more https://youtu.be/O3kL6nMap2s これはすごい。。。 やばい。

家庭向けヴィデオゲーム機の製造・販売を約15年間禁止してきた中国が、ついにすべての規制を取り払うことになった。ただし検閲は続く見込みだ。 Read more 今更な感じが結構するけどどうなんだろう。 スマートフォンがゲーム機に成り代わっているし、普及するんだろうか?

中国でここ数週間、ビルの崩壊が相次いでいる。死者の数も合計30人近くに達し、住宅省が警告を発する事態に発展している。 中国のビルは寿命25年?―80~90年代の建物倒壊が頻発  陳政高・住宅相は前週、築年数のたったビルを徹底的に検査し、安全面に問題があると判断できる場合には改修を急ぐよう命じた。  5月20日以降、北部の天津市と南西部の貴州省で計4棟の建物が崩壊した。貴州省は貧しい地域として知られている。  貴州省の省都・貴陽市では5月末の大雨による土砂崩れで9階建てのビルが崩壊し、16人が死亡した。  約1週間後には貴州省の遵義市で7階建てのビルが倒壊。幸いにも死者は出なかったが、数日後、同じ市内の9階建てビルが崩壊し4人が死亡、3人が負傷した。16日には、天津市にある2階建ての公衆浴場が崩れ落ち、6人の死者と6人の負傷者が出た。 Read more 私自身中国本土に行くこと住んでいたこともあるが、建物の作りが甘いなと感じることはよくあった。 多分この先『よくあること』になるのではないかなぁ。事故に巻き込まれる人が出ないといいが。。