Fantastic Beasts and Where to Find Them Fantastic Beasts and Where to Find Themを見てきました。 いつものように特に下調べをせずに。 結構楽しめました。 舞台が古いニューヨーク。 しっかりとディティールも表現していて 素敵な街並みでした 主人公は一癖も二クセもある感じ。 私はアメリカぽいヒーローヒーローしてるより好きかなぁ。 どこにでも 変わり者はいるのかなと。 私もだいぶ 変わり者でしょうけど。笑…

chao phraya riverからボートツアーに行ってきました。 チャオプラヤー川といっても そこからさらに脇の水路に入っていく 広がる先に見えるのは バンコクのシティーセンターのような きらびやかな世界ではなく ローカルな人々の リアルな暮らし。 少し前の日本も こんな時があったんだろうなって思いました。 勝手なイメージですが。 ただいろんなものを見るのは 大事なことだと思います。 —

ワットポーの中庭のようなところです。 たくさんの人たちが行き交い 写真を撮ったりしています。 みなさんどんな写真をとっているのかしら? ちょっと見てみたい。 —

少し久しぶりにワットポーへ行ってきました。 グランドパレスは人が多すぎてパスです。 ワットポーも結構人はいますがグランドパレスよりだいぶマシです。 大きな仏像もそうですが、 いろんなところを修復してました。 観光の際はぜひ見てみてください。 ”でかっ”て思うはずです!!w —

今乗ったタクシーのおっちゃんの笑顔がすごいかっこよかった。 ここ最近あんなかっこいい笑顔で過ごせていたかなぁ。。 みならいたいと思います。 常に笑顔で過ごしていきたい。 学べる事は本当に多い。 そこには国も言葉も 関係はない。 一個人の人間性だけだと思います。

チャオプラヤ川のそばのバーから の景色です。 落ち着いてゆっくりお酒と景色を楽しめます。 バンコクは隠れ家的なお店がたくさんあるので ぜひ探してみてくださいね。

へびさんです。 以外と力が強くて驚きました。 この大きさでこの強さ。。。 もっと大きいのは。。。。 やばいな。

大きな金色の涅槃仏が有名な寺院ワット・ポー、痛くて気持ちいい(!?)タイ古式マッサージ、ダムヌン・サドゥアクをはじめとする水上マーケット、日本でも大人気のタイ料理の数々……とバンコクは観光客にとって楽しみがいっぱいある街♪ だけど、バンコクはまだまだ進化中! ここではもう一歩だけ踏み込んだバンコクを8つのキーワードで紹介していきましょう。 Read more バンヤンツリーバンコク 新しいレストランのオープンも話題の最高級ホテルに注目! 60階建ての高層ホテルで客室が33階以上であること。バンコクの喧騒から離れて、リラックスした時間を過ごすことができます。また、エレガントな内装も人気の秘密です。 アジアンティーク 1,500以上のショップが連なるショッピングモール。 正式名称は「アジアンティーク・ザ・リバー・フロント」。 2012年のオープン以来、バンコク観光の新定番として知られるこちらは、1,500以上のショップやレストランが集まるアジアでも最大規模のショッピングモール…なんです シューララ】 日本未上陸のPOPなサンダルは購入必須! 「Zhoelala」と書いてシューララと読みます。バンコク発のサンダルブランドで、すでに日本でもジワジワと話題になっていますが、お店は未上陸。つまりお土産にもピッタリってことです! リバーサイド】 チャオプラヤ川を挟んで、ワットアルンを眺めながら… 2013年にオープンした『サラ ラタナコーシン』は、いわゆるデザイナーズホテル、ブティックホテルにカテゴライズされる、バンコクの新名所! もちろん、宿泊するのもいいんですが、レストラン&バー使いもオススメです。というのも、ここのセールスポイントはテラスから眺める景色。チャオプラヤ川沿いにワットアルン(美しいライトアップでも知られる寺院)を望む…そんな最高の立地なんです。 ホーロー】 タイのホーローが人気って知ってた? 国内でもキッチンウェアの素材として人気のホーロー(琺瑯)ですが、じつはタイのマーケットでもホーロー製品は狙い目。 日本のそれに比べて安いというのもありますが、カタチや絵柄(日本では無地が多いですよね)が、可愛かったり、ちょっぴりレトロだったりするから。 一軒家スパ】…