アップルやグーグルは、それぞれiPhoneやAndroidスマートフォン向けのアプリストアを運営し、独自の審査システムを通じて、ユーザーの囲い込みを進めているように思えます。それはユーザーが安心してアプリをダウンロードできるよう、セキュリティ対策面から重要なんでしょうけど、時にガチガチに守られているような気がして、窮屈に感じることはありませんか? 実は、ちょっとした努力を払うだけで、たとえ非正規の、いわゆる野良アプリでもインストールして利用することは可能です。面倒な脱獄とよばれるジェイルブレイク(Jailbreak)やroot権限の取得すら必要としません。これから参考までに、その方法を紹介していきましょう。 Read more Android OSと比べて、Andoridユーザーは手軽に非正規アプリのインストールが可能です。まずは、非正規アプリのインストールを許可するために、Androidの設定画面で「セキュリティ」を選び、提供元不明のアプリという項目へ進みましょう。 提供元不明のアプリのインストールをオンにすると、セキュリティに関する警告が表示されるものの、ユーザーの自己責任で、Androidスマートフォンやタブレットへ非正規アプリのインストールが可能になります。 iOS Androidの場合とは異なり、iOSに非正規アプリをインストールするのは、やや敷居が高くなってしまいます。とはいえ、MacのAppStoreで、ソフトウェア開発者向けに提供されている「Xcode」を活用することで、多少の制限はあるものの可能になりますよ。 Xcodeがインストールされたら、メニューの「Preferences」にある「Accounts」タブから、自分のApple IDを追加しておきましょう。この準備を終えたら、目的の非正規アプリのソースコードの入手が必要となります。このソースコードの入手作業が、AndroidのAPKファイルほど容易ではないのが玉にキズですが、改良されたXcodeのおかげで、昔よりもiOSに非正規アプリを導入するのが楽になったというのも事実のようですね。 Xcodeで認識できるソースコードを手に入れたら、メニューの「File」にある「Open」タブから目的の非正規アプリを開き、左画面のプロジェクトを選択しましょう。ここでインストールしたいiPhoneやiPadを接続し、転送先の「Destination」に選択しておきます。自分のApple IDがチーム名に選択されていることを確認したら、あとは「Bundle Identifier」項目でパッケージに好みのアプリケーション名をつけて準備完了ですよ。 ここまで準備が進んだら、左上の再生マークの実行ボタンを押すと、コンパイルから転送、アプリの実行まで自動で進行するはずです。やや面倒に思えるかもしれませんが、この手順を踏むと、AppStoreからは入手できない非正規アプリでも、自由にインストールして利用することができるようになるでしょう。 --

iPhone se とかiPad proのサイズ違いとか発表されましたね。 皆さんどんな風に感じてるんでしょうね? 私はというと、最近のアップル製品に”ワクワク”を全く感じません。。。w 正直に言ってしまうと。 なんでしょうかね。スマートフォンって言うカテゴリーの物に慣れてしまったのかなぁなんても思いますが。 でも昔感じたアップルへのワクワクは今はありません。 もちろんMacbook proは毎日使っているし無かったら困るし、壊れたら新しいのを買うと思います。 でもなんかワクワク感がない。 iPhoneもなんか欲しくなくなって最近はAndroidばかり。 Androidだと困るかなぁなんてiPhone使っているときは思いましたが、 慣れるとAndroidの方が自由がきくし使いやすかったり最近は感じてます。 そこへきてiPhone seなんてだしちゃうapple。。。 う〜ん。出し惜しみしまっくて今か。みたいな感じです。 これがもっと早いタイミングで出ていたら感じ方もだいぶ違ったのかななんて思いますが。 嫌いなわけでも、いらないわけでもないんですが 前に感じた ”ワクワク”が 今はない。 今後に期待したいです。 --

モデルを重ねるごとに進化をつづけるiPhone。2016年に登場するiPhone 7からはイヤホンジャックがなくなるんじゃないかという噂がでています。まだ多くの人が使うイヤホンジャックが消えるというのはにわかには信じがたいですが、一体どんな利点があるんでしょうか。 Read more        

アップル版のプレゼンテーション用ソフトKeynote。使いやすいと思うか、使いにくいと思うかは人それぞれでしょう。が、どちらにせよここまで使いこなせる(または、こんな使い方する)人はいないでしょう。Linda Dongさんは、Keynoteを使ってアニメーションを作りました。

いつも使用している、メインマシンのMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)のディスプレイのコーティングが何箇所か剥がれてきたので修理に出しました。   購入してからまだ一年経っていなかったので無償保証を利用することにしました。     工程はこんな感じでした。 ・アップルのウェブサイトからチャットにて状況説明。 1、持ち込み(apple store) 2、配送(ヤマト運輸にて) だったのでヤマトを使うことにしました。 配送を選んだ時点でこれらを聞かれました。 -- 1. お名前: 2. 集荷先/返却先住所:〒 3. 連絡先電話番号: 4.…

「iPad Pro」に搭載されている「A9X」プロセッサの動作周波数は最大2.25GHzである事が分かりました。 RAMは4GBとなっており、L1キャッシュサイズは64KB、L2キャッシュサイズは3MBとなっています。 Read more ベンチマークだけ見るとMacbook Air超えちゃいましたね。w それでもiPadをさわっていてよく思うんですが、物足りなくないですか? 一つ一つのの個々のアプリでの作業はいいんですけど、 そこから他へ移るところ『連携』部分がやりづらいんですよね。 やっぱりまだまだ、iOSではなくてOSXかなと。 あと、Apple PencilがほかのiPadでも使えるようになるといいんですがね。

App Storeに対応したり、Siri対応のリモコンでゲームが楽しめたりと大幅にアップデートされた新型Apple TV。その新型機がいよいよアップルオンラインストアで発売開始となりました! 価格は32GBが1万8400円、64GBモデルが2万4800円。アクセサリーにはタッチや音声認識に対応した新しいリモコンSiri Remote、Lightningケーブル、電源コードが同梱されています。 Read more これってアプリの一つにできたんじゃないかなぁと、、ふと思う。

iPhoneやiPadの新モデルが発表され、大きな注目を集める陰で、なかなか「MacBook Air」の新発表は行なわれないままですよね。現行のMacBook Airが発売されてから1年以上になるので、そろそろ新モデルが出てきてもよさそうなものですけど……。 このほどリークされた情報では、Macの販売台数が伸び悩んでいることを受けて、MacBookの新モデルの発売が先延ばしされてしまったみたいですよ! 複数の調査会社の統計で、アップルのMacの売行きは、ここ2年間で最低を記録。例えば、IDCのデータでは、2013年からMacの販売台数が下降線をたどっており、前年比3.4%減の出荷ペースなんだとか。 Read more これって、もともとパソコンまではいらない人たちが、スマホとかタブレットに落ち着いたってことだけであまり騒ぐことではないかなとおもう。 パソコン一家に一台みたいな感じがあったけど、ほとんどの家庭であまり使われていなかったのが現状じゃないかな? まぁ別に不必要っていうんじゃなくて収まるところにおさまっていったのかなぁと。 MacBook Air2016は早く見てみたいし。w

中国はなんでもデカイ! 経済の発展が著しい中国。当然、国内ではある意味ブランド品であるアップル製品に対する需要がますます高まっています。そんな需要に応えて、中国大連では世界最大級のアップルストアが今週末オープンするんです。 Read more 中国に行くたびに思うのですが、お店を大きく広くしないと大行列になってしまうんだよね。 キャパに対して人の量が半端ない。w だからどうしても人の集まるところ、人気のところは広く大きくしないと収まりません。はい。