コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則 “ニューウェーブの技術は、個人や集団が互いにつながったり交流し たりすることを可能にする技術であり、三つの大きな要素で構成さ れている。安価なコンピューターや携帯電話、低コストのインター ネット、それにオープンソースである。この技術は個人が自己を表 現することや他の人びとと協働することを可能にする 今日のマーケターは、もはや自社のブランドを完全にコントロール することはできない。今では消費者の集合知の力と競争しなければ ならないのだ" ◆目次◆ 第1章 マーケティング3.0へようこそ 第2章 マーケティング3.0の将来モデル 第3章 消費者に対するミッションのマーケティング 第4章 社員に対する価値のマーケティング 第5章 チャネル・パートナーに対する価値のマーケティング 第6章 株主に対するビジョンのマーケティング 第7章 社会文化的変化の創出 第8章 新興市場における起業家の創造 第9章 環境の持続可能性に対する取り組み 第10章 まとめ -- [su_button url="http://goo.gl/cgub7x" target="blank" background="#1dc1c6"…

図解 工場のしくみが面白いほどわかる本 (中経出版) “キユーピーグループでは、年に23万トンも卵を使っています(日本 で生産される卵の約1割)。それだけ大量に使うため、毎分約600個 もの卵を割る専用の機械を開発しました。早いだけでなく、自動で 卵黄だけを取り出す優れものです 1分間に最大660個のカップヌードルが作られる ◆鋼板を作る工程 1.精錬:鉄を取り出す 2.製鋼:不純物を取り除く 3.鋳造:利用しやすい形にする 4.圧延:用途に応じた形にする 5.巻き取り:コイルにする ◆ボディを作る工程 1.材料切断 2.プレス加工 3.ボディ溶接 4.塗装 ◆薬(錠剤)ができるまで 1.秤量工程 2.混合・造粒工程 3.乾燥・篩過工程 4.打錠工程 工場は、計画と実行と評価業務でPDCAが一回りする" ◆目次◆…

お金の流れが変わった! (PHP新書) “現在の中国人の人件費はヴェトナムの三倍、ミャンマーの一〇倍く らいに跳ね上がってしまった。これではヨーロッパの企業はわざわ ざ中国で生産しなくても、ルーマニアやトルコでつくっても変わら ないことになる 時価総額は「他社を買収できる力」でもある。一九八〇年代には日 本企業にも巨額の時価総額がつき、「世界のバンカー」と呼ばれて いた。そのような時代もあったのだ。ところが日本企業がそのお金 を何に使ったかというと、ニューヨークのロックフェラーセンター や、ハワイ・ワイキキのホテルを買い漁った(中略)中国は違った。 鉱山や農業関連の企業に積極的に買収を仕掛けた。彼らは自分たち の弱みや、何が成長の阻害要因になるかを十分に理解しているので、 そういうものを補うために、集めたお金を戦略的に使おうとしてい るのだ すでに中国では新築物件(多くは投機で買ったマンション)の空室 が七〇〇〇万戸もあるといわれている" ◆目次◆ 第1章 超大国「G2」の黄昏 第2章 お金の流れが変わった! 第3章 二十一世紀の新パラダイムと日本 第4章 新興国市場とホームレス・マネー活用戦略 -- 少し前の本ですが、こういった大きな視点でどういうふうにお金が流れていくのかを知ることはとても大切だと思います。 [su_button…

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと “不況時に起業した会社はうまくいく 金融というのは「お金が帰ってきてナンボ」 本当に成功するベンチャー企業はわずかでも、ベンチャー企業が既 存企業にアタックをかけるような社会にすることこそが、日本の成 長戦略に寄与するはず" ◆目次◆ 序 章 なぜ今「ベンチャー」なのか?  第1章 ベンチャーファイナンスの全体像 第2章 会社の始め方 第3章 事業計画の作り方 第4章 企業価値とは何か 第5章 ストックオプションを活用する 第6章 資本政策の作り方 第7章 投資契約と投資家との交渉 第8章 種類株式のすすめ -- [su_button url="http://goo.gl/7nOV7U" target="blank" background="#1dc1c6" color="#ffffff" size="15"]amazonで詳細を見る[/su_button]

指南役・著 実務教育出版 <Amazon.co.jp> 一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード "「型破りという言葉がありますが、型を知っていて、破るから効果 があるのです。型を理解しないまま自己流でむちゃをするのは型な しという行為。この違いを認識していなければなりません」 (歌舞伎役者 市川猿之助) 20世紀の偉大な芸術家の一人に、パブロ・ピカソがいる。「ゲルニ カ」に代表される、きわめて前衛的な“キュビズム”を確立した人 で有名だが、そんな彼も、青の時代と呼ばれる若き日の作品では、 みごとなデッサン力を見せてくれる 「ファンが、聴きたい曲をやる」(マイケル・ジャクソン) もし、あなたがこの先、クリエイティブな仕事やライフスタイルを 身につけたいのなら、それは奇をてらうことではない。まずは丁寧 に、完璧に──スタンダードを極めることである 漫画の神様、手塚治虫さんは、死ぬ間際まで「絵がうまくなりたい」 と口ぐせのようにこぼしていたという。フリーハンドで正確な円を 描ける神様でさえ、終生、漫画家の基本である“画力”を磨くこと を怠らなかったのだ。神様が、である" ◆目次◆ プロローグ 巷のビジネス書に手を出す前に、読むべき本がある 1 定番 オンリーワンを目指す前に最低限、やることがある 2 笑い ジャンルを超え、仕事ができる人たちに共通するスキル 3 社交 一介の新人が重要な仕事にありつける、ある秘策とは? 4 時間 たとえば、4分の1の睡眠で睡眠不足は解消できる…

東京妙案開発研究所―「人が賑わう空間」を創る発想力の秘密 "わたしは受験問題集をパラパラめくって眺めていましたが、ふと、 この問題自体がまるで多胡輝氏の『頭の体操』みたいで面白いこと に気づきました。そうか、この問題をチラシの表にポンと置いてみ たらどうだろう。受験生の保護者たちが面白がって解いてくれるん じゃないでしょうか。やってみたら正解でした。チラシに解答を書 いてわざわざ送ってくる人もいて、想像以上の反響がありました。 これを電車の車内広告でやってみようと提案しました" ◆目次◆ 1.ディズニーと迷路がわたしの学校 2.新横浜ラーメン博物館誕生譚 3.NINJAは忍者の巻物から生まれた 4.イチゴミルクを翻訳したらピンクラテ 5.ミュージアムを突然変異させたい 6.日本を元気にする妙案集 7.未来のルートヴィヒ2世 -- [su_button url="http://goo.gl/E3C29M" target="blank" background="#1dc1c6" color="#ffffff" size="15"]amazonで詳細を見る[/su_button]

超訳・速習・図解 プロフェッショナルマネジャー・ノート "3人目の青年ハルこそが、ビジネス・スクールに行き着く前からマ ネジャーといえる人物なのだ。彼こそが企業をマネージするという ことの本質をつかんでいる。それは彼が必死で勉強したからなので はない。“1つの対応がうまくいかなかったら次の対応を。それも ダメならまた次の対応を”と、、目標に達するまで試み続けたから なのだ" ◆目次◆ 第1章 セオリーだけでは経営なんかできない 第2章 経営の秘訣 第3章 大不況の中で手に入れた金銭以外の報酬 第4章 2つの組織 第5章 経営者の条件 第6章 リーダーシップ 第7章 エグゼクティブの机 第8章 最悪の病──エゴチスム 第9章 数字が意味するもの 第10章 企業家精神 -- [su_button url="http://goo.gl/X0CHr2" target="blank" background="#1dc1c6" color="#ffffff" size="15"]amazonで詳細を見る[/su_button]

街中でちらっとポスターを見かけた。 『バケモノの子』 どんなストーリー展開をするんだろうか。 見てみたいなぁ。 7月11日に始まるようなのでもう少し先かな。 バケモノの子 http://www.bakemono-no-ko.jp/index.html