Intel(インテル)がCES 2017で公開した「Compute Card」は、クレジットカード程度の大きさの薄いケースにポートがついた小さなコンピューターなのですが、それが将来あらゆる家電の頭脳となり、古くなったら取り替えるだけでアップグレードできるようになるかもしれません。

IntelのCompute Cardは非常に小さいです。しかし、その中にマザーボード、メモリ、ストレージ、Wi-Fiカードを内包しており、Intel最新のKaby Lakeプロセッサを搭載することもできます。にも関わらず、大きさはクレジットカード程度で、厚さはカード数枚を重ねた程度です。これを差し込むことで、何の変哲もないモニターがラップトップに匹敵するコンピューターに早変わりします。

Read more

これっていいなとは思いますけど、

スマホでいいのでは?

もう少しスペックが上がれば

ディスプレイとキーボードとつないで

使えるようにしてしまえば

とっても便利だと思うんですが。

みなさんどうおもいますか?


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *