世界最大の電子部品街「華強北路」を擁する中国の深圳を描く、『WIRED』UK版のドキュメンタリー動画。人口2,000万人の同市では、スタートアップ企業の支援から模造品の製造まで、すべてが高速で動いている。

Read more

『WIRED』UK版は、ドキュメンタリー動画シリーズ「未来の都市」初の作品として、中国テクノロジー業界の中心都市、深圳を取り上げた。

深圳市は、もともと中国南部の静かな農業地帯だったが、1980年代から90年代にかけて、出稼ぎ労働者が深圳市の工場に来るようになり人口が激増した。中国共産党の指導者たちが行った経済政策改革により、「深圳経済特区」と定められた地域に多くの工場が建設されたのだ。

現在、人口2,000万人に達する巨大都市となった深圳は、驚異的なスピードで電子電気製品を製造する街として有名になった。その中にはメジャーなメーカーの模造品も多い。