20世紀以降につくられたロゴを集めた本が出版された。時代の傾向はシンプル化が進行しており、特定の文化的背景に縛られない「モダニズム」として特徴づけられるという。

イエンツ・ミュラーは、いわばロゴの探偵だ。ドイツのデュッセルドルフに暮らすデザイナーのミュラー氏は、古い雑誌やデザイン本、果ては自然の中や建物に目を光らせつつ、ロゴマークを見つけては、その由来を突き止める。

Read more

みたいなぁ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *