ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

“プレゼンの内容は暗記するのではなく、自分の中に取り入れて、心
で感じることが大切

キーワードは「抑制(RESTRAINT)」「シンプル(SIMPLICITY)」
「自然体(NATURALNESS)」の3つ

道教の教えに「流れる水に自分の姿を映すことはできない。姿を映
すことができるのは静かな水面だけである」という言葉があります
が、プレゼンにも同じことが言えます。慌ただしい気持ちでは、物
事を見極められず、アイデアも出てこないのです

米アップルやアマゾンなどといったシリコンバレー企業では、真っ
白な壁にアイデアを書き込む企業も結構あります。驚いたのは、あ
る会社でエレベーターの壁がホワイトボードだったこと。ペンと消
し板があり、エレベーターの壁にアイデアを書いていました

シンプルプレゼンを行ううえで、最も重要なのはメッセージや要素
を絞り込むことです”

◆目次◆

<DVD CONTENTS>
PART1 INTRODUCTION (導入)
PART2 PREPARE (準備)
PART3 DESIGN (ビジュアル)
PART4 DELIVERY (話し方)
PART5 Q&A (質疑応答)

<BOOK CONTENTS>
USER’S GUIDE (本誌の使い方)
OPENING (開幕)
PART1 INTRODUCTION(導入)シンプルプレゼンのコンセプトを理解する
PART2 PREPARE(準備)プレゼンの企画や構成を練る
PART3 DESIGN(ビジュアル)シンプルなスライドを作成する
PART4 DELIVERY(話し方)聴衆の前でプレゼンを実施する
PART5 Q&A(質疑応答)
ENDING(閉幕)
4コマノートのサンプル
お薦めの本やウェブサイト
講師の紹介

[su_button url=”http://goo.gl/VAW8wy” target=”blank” background=”#1dc1c6″ color=”#ffffff” size=”15″]amazonで詳細を見る[/su_button]